グッドデザイン賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会公認の専門店

0

やなせ和紙 harukami Moln(モルン)/S/White/RENEW

  • ¥2,750 (税込)
    単価 あたり 


 


和紙の箱 harukami"[ moln ] モルン"

molnとはスウェーデン語で「雲」のこと。空に浮かぶフワフワの雲のような自然なフォルム、そして雲のようにとても軽い箱。暖かみのある柔らかいカタチと、
手漉き和紙ならではの丈夫さとやさしい風合い、一つ一つ表情の異なるシワやフチ。一枚一枚丁寧に漉き上げられた和紙を、手で包み込むように木型に貼付けて作る、手漉き和紙の小箱です。

小物整理に

カードを入れたり、小物をしまったり、整理にも便利な和紙の箱。目に付くところに置いておいても、とってもオシャレ。

ギフトボックスに

お世話になっているあの人に、小物をいれてプレゼント用箱として。軽くて持ち運びにも困りません。


 

やなせ和紙は、福井県越前市今立、1500年の歴史を誇る和紙の里・五箇の街にあり、他府県では見られない大きな桁(和紙を漉く道具)を動かし、女性2人で大判の流し漉き和紙「手漉き和紙のふすま紙」を漉くのが主な仕事です。手漉き和紙には二種類の漉き技法があり、やなせ和紙では両方の技法で手漉き和紙を作成しています。

・「溜め漉き」紙の原料となる紙料をすくい取って紙を漉く技法。

・「流し漉き」日本古来からの和紙漉き技法で、文字通り「紙料」を流して和紙を漉く技法。紙料をすくい、流す。すくって流す…この工程を繰り返して紙の層を積み重ね紙厚をつくり、桁を動かし流すことにより「紙料」となる原料繊維が絡み合い丈夫な紙「和紙」を漉いてゆく技法。

■「RENEW(リニュー)」は、福井県丹南エリア(鯖江市・越前市・越前町)で開催する、持続可能な地域づくりを目指した工房開放イベント。2019年にグッドデザイン賞を受賞しています。

受賞年度 2019年度グッドデザイン賞
受賞対象 産業観光イベント [RENEW]
メーカー 有限会社やなせ和紙
素材 和紙
サイズ W114 × D94 × H46 [mm]
生産国 日本

*ギフトラッピングをご希望の方は、こちら

*熨斗掛けをご希望の方は、こちら



おすすめ商品