グッドデザイン賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会公認の専門店

0

磁器 bottle & cup-HK/iwatemo

  • ¥5,390 (税込)
    単価 あたり 


  

北欧のデザイン視点から岩手のものづくりにアプローチし、「伝統と現代の感性を融合」する工芸ブランド『iwatemo』。

水差しとしても、ワインや日本酒を入れるボトルとしてもおすすめ。サイズは2種類ありますので、用途によって使い分けていただけます。

工房: 陶來(とうらい)大沢和義

原料は九州産の天草磁器粘土、釉薬は岩手材の天然木灰を使用しています。耐久性を高めるため、通常の1.5倍の長さ、1280℃の高温で約25時間焼成。陶來の磁器は透明感のある肌合いと、壊れにくい丈夫さが特徴。ひとつひとつ轆轤(ろくろ)による手作りの温もりと風合いが魅力です。

デザイナー:Harri Koskinen(ハッリ・コスキネン)

ハッリ・コスキネンは若くして主要なデザイン賞を受賞しており、その作品はMoMA美術館にも収蔵されています。クライアントには、アレッシィ、アルテック、デザインハウスストックホルム、GENELEC、イッタラ、イッセイミヤケ、マリメッコ、MUJI、ニカリ、パナソニック、ヴェニーニ、ウッドノートなど数多く、2012年から2016年のiittalaデザインディレクターを就任。

iwatemo(イワテモ)/ 海外協働ものづくりプロジェクト

岩手は古くからものづくりが盛んな地域。その優れた職人の技術も、控えめで小さな工房からでは国内、海外へ広く訴求することは難しい。そういった地方のものづくりに光を当てるため、"北国・岩手"と気候風土や人々の気質に相似点の多い、"北欧・フィンランド"のデザイナーと協同し、国内外に訴求できる製品と発信力を持ち、海外進出できる仕組みづくりのプロジェクト。

鉄器、椅子、磁器の3ラインからなる不変的かつモダンなプロダクトは、海外では"和"を、日本では"北欧"を感じると言われ、岩手の確かなものづくりと、世界のデザインを牽引するフィンランドの感性が、工芸に関心のある若者にとっても可能性を感じ、担い手不足などの解決にもつながっていくことを願っています。

 

受賞年度 2020年グッドデザイン賞
メーカー 株式会社モノラボン
デザイナー Ville Kokkonen ロゴ・パッケージデザイン:村上詩保
材質 磁器
サイズ

Bottole S:Φ7xH14.5cm L:Φ9×H22cm

Cup S:Φ7×H6.5cm L:Φ9×H9cm

容量

Bottole S:200ml L:500ml 

Cup S:70ml L:150ml

生産国 日本

*ギフトラッピングをご希望の方は、こちら

*熨斗掛けをご希望の方は、こちら



おすすめ商品