グッドデザイン賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会公認の専門店

小倉織 縞縞


「小倉織」は、江戸初期から豊前小倉藩(福岡県北九州市)で袴や帯等に織られ、多用した経糸が色のリズムを生む、立体感あふれる縦縞が特徴の伝統織物。
戦時下の昭和初期に一旦途絶えますが、染織家 築城則子氏が偶然に出会った小さな布の断片から1984年に復元され、機械織りで広巾の布を作り出し、現代の布として再生しました。

新しい小倉織として誕生した「小倉 縞縞」の、丈夫で美しい縦縞を活かし作られた、日本に昔から伝わる「包みの文化」である風呂敷は、2010年度グッドデザイン賞を受賞しました。


Liquid error: Could not find asset snippets/giftwrap-by-wrapped.liquid