グッドデザイン賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会公認の専門店

0

MONPE Fes/うなぎの寝床

  • ¥14,850 (税込)
    単価 あたり 


久留米絣・MONPEを履いてフェスにいこう

久留米絣のMONPEは、野外フェス・音楽フェスにも最適。軽くて、早く乾いて、着心地も良い。しかもこの柄は、久留米絣なのに久留米絣らしからぬ無国籍感がただよう生地なのです。

久留米絣の2つの特徴

1.生地の風合いの良さ

60年以上前の昔ながらのシャトル織機を使用しているため、現代の織機と比べると織る速度はゆっくりですが、ゆっくり織られるからこそ、糸に必要以上の負荷がかからず、やわらかく風合いのある生地を織り上げることができます。 

2.柄や模様の作り方

久留米絣の多様な柄と模様は、プリントではなく、織る前に糸を1本1本染め分け、その糸を織ることで柄を作っていきます。糸が染まった部分、染まっていない部分を合わせたり、ずらしたりすることで柄を表現します。

経(たて)糸を染め分けるのか、緯(よこ)糸を染め分けるのか、先染めした単色の糸を使うのかなどで、無地、縞、チェック、たて絣、よこ絣、たてよこ絣、つまみ染、文人絣などの様々な種類の柄や模様を作ります。「くくり」も「染め」も「織り」も機械は使っていますが、昔ながらの機械のため必ずの人の手を必要とします。この人の手を介するという部分も久留米絣の面白み、味わい深い部分でもあります。

 


 サイズや生地の違いがわかる

[MONPEの選びかた]はこちら

 


日本のジーンズ「MONPE」

農作業着として戦後定着した「もんぺ」、その形はお尻周りが大きく、ゆったりとしたシルエットでした。うなぎの寝床が開発したのは、地域の人たちがタンスの肥やしにしていた反物や着物を解いた布でもんぺを作りたいという要望に応え製作されました。布を節約しながら、約36cm(着尺)の幅を活かし簡易的な設計にしていった結果、もんぺの機能はそのままの細身の「MONPE」が生まれました。これが今現代においてのスタンダートなMONPEです。

 

受賞年度 2016年度グッドデザイン賞
メーカー 株式会社うなぎの寝床
デザイナー 白水高広
サイズ・重さ S、M、L(別途サイズ表あり)・Mサイズ:約180g
素材・仕様

綿100%

・ウエスト総ゴム仕様
・ウエスト調整紐入り・右前ポケット1つ
・両膝の内側に膝当て付き・裾ゴム入り

生地製造 坂田織物
生産国 日本

 

【基本仕様】

【サイズ表】

サイズ(cm

S

M

L

パンツ丈

95.5

97

101

ウエスト(適応寸法)

64-96

65-102

68-108

ヒップ(適応寸法)

80-95

87-98

92-100

わたり幅

30.5

33.5

35.5

股上

31

32

35

股下

64

66

67

ふくらはぎ(裾から約25cmの高さ)

36

38

41

裾幅

16

17

20

*ユニセックス対応

〇ギフトラッピングをご希望の方はこちら

 



おすすめ商品