グッドデザイン賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会公認の専門店

はじめてのMONPE -店舗スタッフQ&A-

2016年度グッドデザイン賞受賞のMONPE。GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA丸の内店では、毎年大人気イベントとしてご好評いただいています。各シーズン新しい趣向とラインナップで、MONPEファンのみなさまをお迎えしている店舗スタッフは、仕事中に着用することも多く、MONPE使いの達人たちです。

そこで、まだ着たことがない初心者からの質問と、その魅力を聞いてみました。

●MONPEの好きなところは?

 

・軽くて楽、洗濯が楽!

・気軽!気楽!シンプル!

・着心地が良く動きやすい。軽い。

・シンプルな着方で様になる。

・楽な着心地で外にも履いていけるシルエットなところ。

 

”楽”という言葉がたくさん返ってきました。軽く着心地がよく、洗濯も簡単で、シンプルでコーディネイトしやすいシルエット。選ぶときも履いている間もお手入れも、気をつかわずにいられるところがお気に入りの理由みたいです。

 

●お気に入りの種類は?

 

ひとり6本持つコレクター?もいる、スタッフ10人が自分用に選んだもののなかで多かったのは、Mujiベーシックとファーマーズという無地シリーズ。色は、黒・グレー・紺白とベーシックカラーも多いなか、グリーンが人気でした。

 

備後 藍緑 (写真左)、Muji(写真中)ファーマーズ (写真右)、ゆる絣 大分柄とさまざまなグリーンですが、ほかの服や靴にあわせやすく使いやすいのだそう。

他は、刺子 花織・カツオ縞・デニムなど色柄や風合いが特徴的で、伝統織物ならではの生地感が好まれています。

  

●どんなときに着てる?

 

・旅行やキャンプに

・ライブや映画館に出かけるとき

・仕事用、運動時などよく動くとき

・家でのリラックス時と、近所に出るとき兼用に

 

履き心地がいいことと、丸めてしまえて乾きが早かったり、家でも遊びでも仕事でも、大活躍しているようです。フォーマルな場や、真冬などで防寒が必要な時以外は、色柄を変えて着こなしを楽しんでいるそう。

 

 

●どう着こなす?合わないものはある?

 

・Tシャツとシンプルに

・大きめシャツやロング丈トップスなどボリュームあるものと

・ロールアップで足元をポイントに

・柄×柄はさける

 

シンプルさとアレンジのしやすさで、着こなしに変化をつけられるのも魅力のひとつです。薄手だから折るのも簡単でだぶつかない。そして同じ生地でもサイズや型が違うとシルエットが変わり、雰囲気も変わるので、いろいろ試してみたくなります。

 

*写真は女性スタッフが[Muji Earth]マスタード色の同じ生地で、ベーシックとファーマーズを着ています。どちらもSサイズ着用(身長は左154cm、右160cm)。ストンとしたワイドシルエットと細身でフィットしている印象です。

 

●お手入れについて

 

・洗うとやわらかくなる。

・ガンガン洗っています。わりと大雑把に扱っています。

・着ているうちに気にならなくなるけど、洗濯シワが出ないように干すときに気を付けている。

・色落ちは感じない(3年目で縫い目にうっすら)。

・経年変化でなめらかに柔らかく、肌あたりも更に良くなっています。

 

*写真は着用している1年間経った[備後 柿渋]と、持っている新品との比較。体になじんでいるけれど、色落ちやへたりは感じられない。

 

●その他着ていて気づいたことは?失敗はある?

 

・丈夫で長持ち、着心地よくて価格は高いがコスパ◎ 

・前ポケットが使いやすい。 

・意外と膝下・ふくらはぎが細い。 

・柄物に挑戦しやすい。 

・ポケットにものを入れすぎた。。。

 

 

答えてくれた店舗スタッフのみなさんも、お店ではじめてMONPEを知って、着てみて気づいたことが多かったそうです。実際に使っているからこそのアドバイスは、たくさんの種類があって迷う方にもご参考になりましたでしょうか。

夏は大活躍間違いなしのMONPE。

ぜひ、店頭や下記ページからご覧になってみてください。

 

>MONPE商品一覧はこちら

 

〇サイズや生地の違いについてはこちら

 

  >MONPEの選びかた

 

 

 



← 前の記事へ