グッドデザイン賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会公認の専門店

0

MONPE 刺子花織/うなぎの寝床

  • ¥16,500 (税込)
    単価 あたり 



立体感のある浮き柄が特徴の花織がモチーフ

 

生地を穿き比べる”型”として

農作業着として親しまれていた”もんぺ”の着心地のよさ、作業性のよさなどを生かしつつ、現代に合わせて変換し伝えるプロジェクト"MONPE"。福岡県の久留米絣を使うことから始まり、今や数多くの地方の織物に広がりをみせています。

 

刺子花織

沖縄県南風原町のぬぬ工房の大城拓也さんがつくる手織り藍染の花織生地をデザイン提供をしてもらい、福岡県筑後市の宮田織物で機械織りする産地間コラボもんぺ。花織は立体感のある浮き柄が特徴で、その刺し子風の生地感をレピア織機で再現しています。

 


 サイズや生地の違いがわかる

[MONPEの選びかた]はこちら

 



日本のジーンズ「MONPE」

農作業着として戦後定着した「もんぺ」、その形はお尻周りが大きく、ゆったりとしたシルエットでした。うなぎの寝床が開発したのは、地域の人たちがタンスの肥やしにしていた反物や着物を解いた布でもんぺを作りたいという要望に応え製作されました。布を節約しながら、約36cm(着尺)の幅を活かし簡易的な設計にしていった結果、もんぺの機能はそのままの細身の「MONPE」が生まれました。これが今現代においてのスタンダートなMONPEです。

受賞年度 2016年度グッドデザイン賞 
受賞対象 衣類[MONPE]
メーカー 株式会社うなぎの寝床
デザイナー 白水高広
紺白、紺紺
サイズ S、M、L(別途サイズ表あり)
素材・重さ 綿100%(Mサイズ:約340g)

・ウエスト総ゴム仕様
・ウエスト調整紐入り・右前ポケット1つ
・両膝の内側に膝当て付き・裾ゴム入り

デザイン ぬぬ工房
生地製造 宮田織物株式会社
生産国 日本


【基本仕様】

【サイズ表】

サイズ(cm

S

M

L

パンツ丈

95.5

97

101

ウエスト(適応寸法)

64-96

65-102

68-108

ヒップ(適応寸法)

80-95

87-98

92-100

わたり

61

67

71

股上

31

32

35

股下

64

66

71

ふくらはぎ(裾から約25cmの高さ)

36

38

41

裾幅(周囲)

32

34

40

*ユニセックス対応


*ギフトラッピングをご希望の方は、こちら



おすすめ商品